►  ホール10まで来た道を戻って、ホールD左の方に入ってください。

                           

メシャ王の石碑  AO 5066  シュリー ルヴァンホール D
 

イスラエル人に対するメシャ王の勝利を記したこの石碑は、聖書の世界について最も重要で直接的な証言のひとつを私たちにもたらしてくれます。イスラエルについての言及で知られている最初期のものです。聖書に出てくる場所の複数の言及もまた、聖書の信ぴょう性を確証しています。アタロトとネボ(民数記32:34,38)、ディボン(ヨシュア記13:9)、ベト・ディブライム(エレミヤ48:22,24)を引き合いに出すことができます。アブラハムのいとこでロトの子孫であるモアブ人は、イスラエル人と縁続き(協定を結んだ)でしたが、そのことは二つの国民の言語の類似性を説明しています。

       

メシャ王の石碑

       
 

1868年、アルザスの宣教師F. クラインはディバン、モアブ王国の首都だった古代ディボンで古代碑文を発見しました。

クレルモン-ガンノの聡明さのおかげで、ベドウィン人に石を壊される前に碑文の鋳造取りが作られました。

34行からなるこの碑文について、アーネスト・ルナンは「この発見は、東洋の碑文学の分野でかつてなされたことのない最も重要なものである」と述べています。
 

碑文は年代順にはなっていません。王とその統治の影響力の称賛であり、それはまたイスラエルに対する抵抗をメシャ王の側から説明しています。(列王第二1:1;3:4,5)。

「私はディボン人、モアブの王メシャである。私はこの高き所をケモシュのために作る〔...〕彼はすべての敵に対して私に勝利させたからである。

オムリはイスラエルの王であり、数多くの日の間〔...〕モアブを抑圧した。 私はそこからヤハの器を取り、ケモシュの前にそれらを引いて来た」。

 

神のみ名は、ここでおよそ18行目の右端にここで古代文字の4文字もしくはテトラグラマトンの形で現れています。この神の固有の名יהוה(YHWHもしくはJHVH)は創世記2章4節に最初に見い出されます。この動詞の使役形、未完了態は「彼はならせる」という意味です。それは、神が進行的行為をもってご自身を、約束を成就する者またその目的をいつも実現させる者とならせる方であることを意味します。(出エジプト記3:14 脚注)。この神聖なみ名は、ヘブライ語本文中に7000回近く出てきます。

 

YHWH ou Le nom de Dieu sur la Stèle de Mesha Le nom de Dieu sur la Stèle de Mesha
 

大多数の翻訳は、テトラグラマトンを「主」または「神」という称号に置き換えていますが、その理由のひとつは古いユダヤ人の伝統から来ています。それは三番目のおきてを破ることへの恐れ、「口にするのも恐れ多い名」を発音することへの迷信に基づく恐れ、ためらいです。(出エジプト記20:7。しかしそれは律法の間違った解釈であり、神の名固有のみ名を知ることなく、聖書を読むことから遠ざける危険性があります。


神のみ名は、ここでおよそ18行目の右端にここで古代文字の4文字もしくはテトラグラマトンの形で現れています
 

 

神のみ名の元の発音は知られていません。「イエス」も古代ヘブライ語で母音なしで書かれ、その発音が正確に知られていないのと同じようにです。マソラ学者はヘブライ語の正しい発音を示すため、聖書の本文に振る母音記号の体系を考案しました。

 

1008年のもので、完全に揃ったヘブライ語聖書の写本としては世界で最も古いレニングラード写本には、テトラグラマトンがエフワー、エフウィ、およびエホーワーと母音化されています。幾人かの評論家は、つづりは不確かなまま「ヤハウェ」(Liénart)もしくは「ヤーヴェ」(エルサレム2000, Osty, 人々の聖書)を提示しています。

「エホバ」(Crampon 1905)は最も古く、最も広まった発音です。

                           

信仰を持つ人にとって神の固有の名を使うことはどれほど重要でしょうか?イエス・キリストが手本として与えられた祈りはこのように始まっています。「天におられるわたしたちの父よ、あなたのお名前が神聖なものとされますように」-マタイ6:9。

                           
 

神殿の模型  AO 21689  シュリー ルヴァンホールD 展示5(34)
 

個人の家で発見されたこの粘土の焼き物の建築のモデルは、家庭用のミニチュアの神殿を表しています。長方形の入り口はすじの入った二つの支柱で囲まれています。付け加えられた花飾りは、たいへん発達したペディメントを装飾しています。その中には小像を置くこともできました。

このナオス、または小さな礼拝堂の形をした模型は、神聖な建築物を参考にしました。それは聖柱に類似した偶像崇拝に相当します。エルファラという土地の由来の物は、特にナダブ、バアシャ、オムリの統治の間のイスラエル王国の首都ティルツアと同一と見なされています。(列王第一15,16章)。

 
   

人の形をした彫像 DAO 96

シュリー ルヴァンホール D8


 

これはルーブルで最も古い作品です。

石こうが手で造形されており、三つ組みの繊維の綱の土台によって支えられており、今日では失われていますがそれらの跡が見られます。

アイン・ガザルのこの新石器時代の彫像とこの時代の他の証言は、先祖崇拝の足跡とすでに存在していた死後の命という形の信条をかいま見せてくれます。
(創世記3:4)。
 

「それで死者の崇拝が、どれほど重要な位置を占めており、その最初の出現以来、人間社会の中で最も重要な役割を果たしたことは驚くに価しない」。

     

人の形をした彫像

     
   
                           

ヘブライ語で刻まれた公印  AO 6216  シュリー ルヴァンホールD 展示5(21)
 

この公印には、ユダの王「ウジヤの僕、シェブナヤウに属する」と読み取れます。(列王第二26:1)。それは間違いなくYHWHにもとづく名の一人の高官のことです。ヘブライ語聖書中やセム族の人々の国における、名を得ることへの重要性に注目できます。すべて存在するものは名を有し、すべての名には意味があります。名前はただのラベルではなく、神に関してはその人格の特徴でした。エフェソス3:14,15は「天と地のあらゆる家族が神に対してその名を負う」と述べています。

                           
                           

メギドの王子、ビリディヤの手紙  AO 7098    シュリー ルヴァンホールD 展示4
 

アッカド語で記録されているこのくさび形の粘土板は、ファラオに宛てたメギドの役人の手紙の1つです。この公式の書簡は、16世紀の国際的な状況と、シリア-パレスチナ地域の王たちを動揺させた紛争を明らかにしています。

                           
 

アーマナの手紙EA365の興味深い点の一つは、賦役に関する情報を与えていることです。

 

ここでの強制労働は、ファラオに属する土地を耕すことを許可するエジプトの制度です。

矛盾はイスラエル人も奴隷と化したことです。
(出エジプト記1:11-14)。

賦役はソロモンの死後のヤラベアムの反乱と、部族間の分裂が主立った原因でした。
-列王第一11,12

                           

同じようにメギドの王の言語と、イザヤ19:18のエジプトにあった神託地の「カナンの言語」呼ばれる言語の間の類似性に注目できます。この書簡の別の有用性は、メギドへの言及です。聖書の歴史も世俗の歴史も、戦略上優勢な位置ゆえにこの都市の周辺で行なわれた、決定的な戦いについて物語っています。そこはユダの王ヨシヤがファラオ・ネコの率いるエジプトの軍勢の前で亡くなった所です。-列王第二23:29

                           


ヘブライ語のハルマゲドンは「メギドの山」を意味します。この名は「神の大いなる日の戦争」と直接結びついています。

(啓示16:14,16)。

幾人かの聖書研究者は、一つの大きな最終的な紛争の象徴的なこの場所は、人間の情勢への神の介入を示している可能性があり、私たちの父の祈りの最後の成就を成すと見なしています。

 
                           

祭司シ・ガボーの石碑  AO3027  シュリー ルヴァンホール C
 

この墓石は、アラム語による長い碑文の下に祝宴で横たわっている祭司の様子が描かれています。アッカドでの月の神シンの崇拝は、すでにシリアのアルプの地域で大いに定着していました。長い奉献で、故人はその生涯の診断を行ない、すばらしい死を迎え遺骨を損なわれることなくあの世での休みを享受したいという願望を述べます。もともとイスラエル人の墳墓には碑文がめったになく、装飾もないのが特徴です。ヘブライ人が埋葬を重視していたことは、「記念の墓」の中で記憶にとどめられることへの(ヨハネ5:28、ムネメイオン)、もしくは「覚えの書」に記された彼らの名を持つことへの関心を暗示しています。-マラキ3:16

    AO 3027                  
       
                  AO 3026-7    

墓石  AO 3026-7  シュリー ルヴァンホール C
 

これらの墓石はアラブ語の碑文を有しています。アラム語は聖書が書き記された3つの言語のうちの1つです。(特にエズラ記4:8から6:18をご覧ください)。古代セム語は、そのアルファベットの文字も名詞も同じなので、ヘブライ語に非常によく類似しています。アラム語とヘブライ語の初期の形態の違いは、創世記31:47で見られます。二つの表現は異なりますが、いずれも「証しの小山」という意味でした。イエスは何語を話したのでしょうか?この疑問に関しては、専門家たちの間にかなりの意見の相違が見られます。イエスはヘブライ語とアラム語の一方言を十分に使うことができたと考えられています。

                           

「バアルの稲妻」の石碑  AO 15775  シュリー ルヴァンBホール
 

この浮き彫りは、バアル-ハダド「雲に乗る者」そして「地の君」の具象化で最も注目に値する作品のひとつです。稲妻の神は雲を砕くこん棒を右手に振りかざし、稲妻は田畑を肥沃にする雷雨を伴っています。200以上の神々や女神からなる万神殿の最高神はエルで、白髪まじりの髪の毛やひげを生やした姿で表されています。バアルとは異なり、普段は人間から離れています。カナン人にとって、バアルだけがモート神(不毛と死)から守ることができました。
 

ウガリットの宗教は、カナンの宗教と数多くの類似点があります。ラス・シャムラ文書は、これらの神々の崇拝の下劣な結果を示しています。戦争、神聖視される売春、官能的な愛、その結果生じる社会的な退廃を強調しています。その時代に古代イスラエルに与えられた、特に魔術や占星術、獣姦(レビ18:23)または身体を傷つける慣習(列王第一18:28;レビ19:28)を禁じる律法は、バアル崇拝の下品さに対する防壁のようでした。

                           
       
AO 15775    <

「バアルの稲妻」の石碑

>  AO 11598

聖書本文の中で幾度か、イスラエル人はYHWHを捨てて「バアルとアシュトレテの像」に仕えたと述べられています。(サムエル第一12:10)。このバアルという一般的な呼び名は、図像学や固有名詞研究ではよく知られているカナン人のパンテオンの神々に適用されます。裁き人10:6の本文は、地理的なデータの正しさを確証しています。「彼らは…シリア、シドン(フェニキア)、モアブ、アンモンの子ら、フィリステア人の神々に仕えるようになった」。

ハッバアルという語は、これらの偽りの神々に適用されます。ハッベアーリーム(バアルの複数形)という表現は、「所有者」または「支配者」と見なされた様々な地方の神々と関連があります。バアルという語は、ギリシャ語聖書中に一度だけ出ており、この語の前に女性形の冠詞が用いられています。(ローマ11:4) 。ジョージ・ニュートンは、この用法について注解し「この男女両性具有の、つまり二つの性を持った神のみだらな崇拝では、時として男たちが女の衣を身に付ける一方、女たちが男装して現われ、武器を振り回すようなことがあった」と述べています

                           
                           

聖書はバアルの崇拝に関連して何度か天体に言及しています。(列王第二17:16)。ヘブライ人たちは、カナンの農民たちを通してバアル崇拝を知りました。(裁き人2:11)。雨期の初めに、バアルがよみがえって復位し、配偶者と交わりをもつことは、気ままな放とうの中で行なわれる乱行を特色とした、放らつな多産の儀式によって祝われました。イスラエル人の心を争点としたこの霊的な闘いは、モアブの平野にたどり着いたときからバビロンへの流刑まで、幾世紀もの間続きました。形勢は時には迷信に基く恐れと性的儀式に、またある時は神に対する信仰と忠誠に傾きました。クリスチャンにとっての例と警告となる心の葛藤です。-コリント第一10:11。
 

ラス・シャムラ文書と聖書の記録には類似点が見られます。しかし、この類似関係は全く文学的なもので霊的なものではありません。ウガリットには、聖書が到達している倫理的また道徳的な高みというものが見られません。
 

以下もご覧ください。
 

座している神  AO 3992  ルヴァンCホール展示3

神の頭  AO 10831 ルヴァンCホール

雷を振りかざす嵐の神  AO 11188  ルヴァンBホール展示4

雷を振りかざすバアル  AO 11598  ルヴァンBホール展示8

ティル-バアシプの石碑  AO 11505  リシュリュー メソポタミヤホール6

雷の神を表した石碑  AO 13092  リシュリュー メソポタミヤホール6
 

メソポタミヤ図像学の遺産、角飾りの冠をしたこれらの神々は、丸彫りか浅浮き彫りで表現されています。

                           

ざくろの装飾の三脚台  AO 11606  シュリー ルヴァンホールB 展示9(4)
 

ざくろは聖書時代の粗放農業のひとつで、リモンやガト・リモンといった地名は間違いなくそれらの地域にざくろの木(ヘブライ語でリンモーン)が豊富にあったことに由来します。(ヨシュア記15:32;19:45)。ざくろは大祭司の衣や神殿の柱の柱頭を飾りました。-出エジプト記28:33;列王第一7:18。

                           
                           

通称「金の子牛」の雄牛  AO 14680  ルヴァンホールB 展示3
 

ビブロスで発見された模型です。聖書の中で言及された最初の偶像崇拝の形を物語っています。-出エジプト記32:1-8。
 

ヤギを養っている女神  AO 11601     ルヴァンホールB 展示7 

象牙でできたおしろいの箱の蓋は、多産の女神を表しています。
 

多産の偶像  AM 1176  シュリー ルヴァンホールC 展示1
 

乳房をあらわにして座しているこの裸体の女性の小像は、多産の古代崇拝を証しています。古代の神話は、アフロディテ/ヴィーナスはキプロス島で生まれたとしています。多産の女性の力は幾千年もの間崇拝されており、男性の性器に関連したものは雄牛の像によって表されています。しかし、この原始のカップルはキプロスに固有なものではなく、すでにバビロンで発見されていました。

 

古代オリエント部門の訪問は終了です。

 

  ホールAを出て、階段を降りてください。

 

古代エジプト部門にたどり着くためには、中世ルーヴルホールを横切るか、カリアティッドホール17から古代ギリシャとローマの方へと行ってください。

                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           

 


Carte ダリウスの宮殿エジプト-1