ルーブルは、世界で最も大きな美術館のひとつです。

そして聖書は人類の文化遺産に属しています。


どちらも精通するのは非常に興味深いことのようですが、すぐに落とし穴でいっぱいに見えます。

何を読むのか?何を見るのか?
 

どんな方法を採用するのか? 物体と観念のこの広大な迷路の中で、どのように自分の位置が分かるのだろうか?

  ルーヴル美術館と聖書 

最初の気がかりは、信条や宗教的な意見を押し付けるのを避け、注解を検討し、しかし特に書物の真理に証言をもたらす事実を提供することです。

それで聖書を手にして見るルーブル美術館の本は、最も古典的なものからあまり知られていないものを含む200近くの区間の考察に沿って点在するルートを提供して、初心者または見識のある訪問者をお手伝いすることを提案します。
 

コースは、ホールからホールへ移動しながら、古典的作品「訪問の流れ」に沿って進みます。

まず注目すべき古代オリエント部門から始まり、次いでよくおろそかにされる古代エジプト部門へ、最後に古代ギリシャ、エトルリア、ローマ部門で終わります。
 

見学を容易にするために、それぞれの作品を囲みの数字で示し、該当する展示室の地図上で確認できるようにしています。

クリスチャンにとって関心のある聖書的な関連性を明確にする前に、毎回まず作品に関する簡潔な注解を述べています。
 

聖書を手にして見るルーヴル美術館 !

  また、同じテーマでも美術館の他の展示室に置かれている、もしくは現在展示されていない作品に関しては参照できるように示しています。

しかしこれは単なる見学ガイドではありません。空間や世紀を超え、様々な国や人々に会うことを可能にします。

時間とともに、副見出しが述べている「古代バビロンから原始キリスト教まで」のそれぞれのテーマが私たちの前に現われます 。

過去のこれらの人々に関して、その慣行や一般的な祝い、伝統さらには神々との関係のいたるところにたいへん驚くべき一致が見い出せます。

これらの共通の特徴は、バビロンで始まった人間の分散に関する聖書の説明に見ることができます。

 

 

しかしこれは単なる見学ガイドではありません。 空間や世紀を超え、様々な国や人々に会うことを可能にします。時間とともに、副見出しが述べている「古代バビロンから原始キリスト教まで」のそれぞれのテーマが私たちの前に現われます。過去のこれらの人々に関して、その慣行や一般的な祝い、伝統さらには神々との関係のいたるところにたいへん驚くべき一致が見い出せます。これらの共通の特徴は、バビロンで始まった人間の分散に関する聖書の説明に見ることができます。しかしこれは単なる見学ガイドではありません。

古代バビロンから原始キリスト教まで

空間や世紀を超え、様々な国や人々に会うことを可能にします。時間とともに、副見出しが述べている「古代バビロンから原始キリスト教まで」のそれぞれのテーマが私たちの前に現われます。

過去のこれらの人々に関して、その慣行や一般的な祝い、伝統さらには神々との関係のいたるところにたいへん驚くべき一致が見い出せます。

これらの共通の特徴は、バビロンで始まった人間の分散に関する聖書の説明に見ることができます。

新機軸の聖書的な見学コースは、それぞれの聖書に対する信頼を自問するよう助けるでしょう。

またこの古代文明の偏在の影響によって、歴史的事実がどれほど伝承に変えられてきたか識別するのを可能にするでしょう。

あるいはただ単に聖書を手にしてルーヴルを見る喜びを分かちあえるでしょう。
 
   

 

 

それでは良い見学を!

フィリップ・マットマン、
 

 

 パリ  2016年 9月


Philippe Mattmann


< Le Louvre, la Seine et
le pont des arts

 
© Philippe Mattmann 2012    © LouvreBible.org
 
Tous droits réservés pour l’ensemble du contenu de ce site et des sous-domaines en langues étrangères.